こんにちは!
岐阜県山県市を拠点に、40年以上家づくりに携わっております、西川健設株式会社です。
弊社では主に岐阜市やその他東海三県にて、お風呂リフォームやキッチンリノベーション、古民家リノベーションなどを承っております。
毎日使用する水回りと違って、あまり目の届かない外壁や屋根ですが、メンテナンスについてお忘れではないですか?
実は外壁や屋根のメンテナンスを怠ると、後々大きな被害を招く可能性もあるのです。
今回は皆様が安心して暮らせるように、外壁と屋根工事のタイミングについてご紹介いたします。
屋外のリフォームのことをすっかり忘れていた!という方は、この機会にぜひご覧くださいね。

外壁工事のタイミングと内容


外壁工事と一口にいっても、過去にどのような施工を行っているのかで、リフォームのタイミングは異なります。
例えばタイル張りの外壁であれば大体10~15年を目安に、タイルの汚れのクリーニングと目地の補強、タイルの補修が必要です。
吹き付け塗装の外壁の修繕では、10~15年を目安に下地の補修を行い、15~25年経過したら外壁を一旦除去して、根本的に修繕しなければなりません。
そして外観を保つための塗り替え工事であれば15~25年に1度のペースで行います。
外壁工事はただ見た目を保つだけでなく、雨や風による建物の劣化を防ぐためにも必要なものです。
計画性を持ってメンテナンスを検討していきましょうね。

屋根工事のタイミングと内容

続いては屋根工事についてですが、こちらも建物の劣化を防ぐために欠かせないものとなっております。
屋根工事にもさまざまな施工があり、部分的に補修するものと、屋根材全体を取り替える葺き替え工事があります。
葺き替え工事は大体15~20年のペースで行い、それ以外のときには部分的に補修を続けていくという流れです。
また葺き替え工事とは別に、屋根の下地部分だけを補修する葺き直しという施工もあります。
どのタイミングでどの施工が必要なのかはその都度変わってくるでしょうから、業者に依頼して適切な処置を行ってもらいましょう。

今よりもっと帰りたくなる我が家へ


外壁と屋根工事のタイミングについてご紹介いたしましたが、屋外リフォームの参考になりましたか?
リフォームは建物内のことに目が向けられがちです。
しかし、長く住み続けることを考えれば、まずは屋外、そして屋内という順番でリフォームを行うのが適切です。
弊社では見た目も快適さも抜群の、今よりもっと帰りたくなる我が家になるような施工をご提案いたします。
リフォームに関することでしたらどのように些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


山県市・岐阜市などのキッチンリフォーム・注文住宅は西川健設
ただいま大工や現場スタッフ求人情報を掲載中です!

〒501-2124 岐阜県山県市小倉375番地の47
電話:0581-36-3424 FAX:0581-36-3224
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする